本文へスキップ

心を込めて子どもの成長を見守ります

電話でのお問い合わせはTEL.095-800-2011

〒852-8116 長崎県長崎市平和町10-1

ご挨拶GREETING

はじめに

人生には、予期しなかった試練や困難が次々と起こります。目標に向かって努力している途中で、病気や怪我、家庭の事情、友人関係などで思うように物事が進まず、目標が達成できないこともあるでしょう。「どうして私だけがこんな目にあわなければならないんだ!」と、受け入れることができないこともあるかもしれません。

私の家庭は母子家庭でした。母1人で、兄、私、妹の3人を育ててくれました。経済的に非常に困窮した時期があり、とてもつらい学生時代を過ごした経験があります。

公立高校に進学し、授業料免除、高校からの奨学金、育英会の奨学金を受給しながら通学しました。高校3年間、弁護士という夢をかなえるため、志望校に合格しようと必死に勉強を続けましたが、県外の大学に通うには経済的に厳しく、法学部のない地元の国立大学への進学を決めます。大学の入学金は、高校から3年間支給された奨学金で支払いました。大学でも、授業料免除、育英会の奨学金を受給し、4年間勉強に励みました。この頃、学習塾で学生講師をスタートさせ、月4回の休みだけで、毎日指導にあたりました。そのほとんどが、家族の生活費に消えていきました。

大学も4年生になると、当然ですが、誰もが就職活動を開始します。しかし、就職活動を行うお金もなく、大学院への進学を決意します。そして、それも、また経済的な理由で叶うことはありませんでした。大学卒業とともに、無職となった私は、1年間、大学で授業アシスタントをしたり、研究室でアルバイトをしながら、塾の講師を続けました。まさか、大学を卒業して、無職になろうとは夢にも思いませんでした。

さらに、母が倒れ、入退院を繰り返すようになり、私も家で過ごす時間が長くなりました。そんな折、「外に出ることができないのなら、自宅で子どもたちに勉強を教えてみたら」と声をかけていただいたのをきっかけに、自宅で小さな教室を始めます。地域の方たちの応援もあり、半年後には、近くに小さな教室を借りて、学習塾を始めました。

これが私の原点です。決して、塾の講師を目指していたわけでもなく、学習塾を開こうと思っていたわけでもありません。経済的に困窮した生活の中、必死にもがいて、たどり着いた先が、塾の講師でした。しかし、今、本当に塾の講師であることを幸せに思っています。塾の講師という仕事は、私にとって天職です。きっと、この仕事に巡り合うために、人生の節々で、夢をあらきめなければならなかったのだと、今は、そう思っています。

1人でも多くの子どもたちの夢を叶えたい。

勉強ができることで、少しでも自分に自信を持ってもらいたい。

勉強を通して、努力を惜しまないこと、あきらめないことの大切さを知ってもらいたい。

経済的な格差が、学力の差につながってはいけない。

ただ、それだけの気持ちで、10年以上の時が流れました。塾の講師としては、15年目に入ります。

自分の成功を信じて、あきらめず、粘り強く努力を続けてください。努力を続けていれば、粘り強くがんばっていれば、自分が望んでいた形とは違うかもれませんが、必ず1つの成功を手にすることができます。あきらめない限り、失敗はありません。

もちろん、そのためのお手伝いを、私たちは全力でさせていただきます。私たちも、決して手を抜くことなく、粘り強く、日々の指導に力を注いでまいります。

1人でも多くの子どもたちの可能性を伸ばし、子どもたちの心の支えに少しでもなれますように。

真未来塾 代表 小池 真路子



まみこ先生のブログ



information

真未来塾

〒852-8116
長崎県長崎市平和町10-1
TEL.095-800-2011